読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てっぺんめざせよ

本とシンプルライフと育児とお買い物

LastPassを使ったパスワード管理の話

IT ライフハック

育休中はパソコンにアクセスする回数が増えるので、いろんなサイトにログインする頻度もあがります。
ログインする度にパスワードを打っていたら面倒です。
かといって全部をChromeに保存しておくとセキュリティー上安全ではありません。
なのでパスワード管理サービスを使っています。
www.lastpass.com

ラストパスの良いところ

ラストパスはChrome拡張機能版を使っています 。
chrome.google.com

インストール後、サイトにログインする度にログインIDとパスワードをLastPassに保存するか聞かるのでひとつづつ登録します。
やや面倒ですがいちどやってしまえば二度とやる必要はないので はい最初だけの我慢です。
LastPassChrome上で有効になっていれば、Chromeにログインする際のIDとパスワードが自動入力してくれます。
最初にLastPassでログインできたときは便利すぎて小躍りしました。

ちなみに今までに既にChromeでパスワードを保存してしまっている場合は削除までしておかないと安心ではないですよ。
support.google.com

複数PWの場合

証券口座などでログインID、 ログインパスワード 、取引パスワードなどパスワードが複数ある場合は取引パスワードをメモ欄に書いています。
なので取引パスワードは毎回手で入力していますが 確認のためにもこれぐらいはいいかなと思っています。

PWの自動生成

複雑なパスワードを自動生成する機能もあります 。
この完全にランダムな文字列を新しいパスワードとして設定すればセキュリティーは飛躍的に向上するとは思うのですが 、
何かあったときに手打ちでも入力できるほうがいいと思っているので今のところこれはあんまり活用できていません。

等価ドメイン

ちゃんとLastPassを登録しているのに楽天楽天カードだけうまいことログイン出来ませんでした。
違うドメインだけど同じサービスで同じIDとパスワードを使っている場合等価ドメインの設定が必要です。
例えば渡しの場合楽天カード楽天市場が必要でした。
f:id:h1mur0:20170314134007p:plain
AmazonAmazonアソシエイトの場合は グローバルなサービスなのですでにLastPass上で設定がされていました。
等価ドメインの設定はアカウント設定で行うことができます。
アカウント設定の 「同一とみなすドメイン」タブを開き、一番下の追加ボタンをクリックして登録します。

種類が「グローバル」で既に登録されているのをみると等価ドメインのイメージがつきやすそうです。
同じ母体がいろいろなサービスを提供している場合が多いみたいです。
モルガン・スタンレーグループとかバナリパ、GAP、オールドネイビーとかアップルとiCloudとか…。

おわりに

もう二度とパスワードがわからないと右往左往しないと思うと幸せです!

広告を非表示にする