読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てっぺんめざせよ

本とシンプルライフと育児とお買い物

スリッパに履き替える会社はどうしてだめなのか

投資信託 藤野英人


スリッパの法則 - プロの投資家が教える「伸びる会社・ダメな会社」の見分け方

手にとったきっかけ

ひふみ投信藤野英人さんの著書だったため
たびたび『スリッパの法則』は他の書籍でも言及されているので、何かしら?と。

雑感

表題スリッパの法則は履き替えないと社内に入れない=オープンでない、ことは不正の温床にもなり得るので良くないという旨の話でした。
その他社長の性格/人格や社内の社員、文化、IR開示等でどういった企業がよい/悪いかを法則ごとにまとめています。
全部で67個の法則があるが、基本的にどこから読んでも大丈夫そうです。

印象に残ったのは

・PLの分析よりもBSの分析に時間をかけろ
・BSの分析よりもCFの分析に時間をかけろ
・CFの分析よりもビジネスモデルの分析に時間をかけろ

という一連の法則でした。
ビジネスモデルの分析とはすなわち「どのような顧客層に対して、どのような企業戦略で、それがどのような収益になるか。」であり、これを常にアップデートしている企業のみ変化についていけるとのことです。

実際にいけている企業の場合は本の中に具体的な企業名がでていることもあり、
ポスレン、ゴールドクレスト等こんな会社もあったのかーと初めて知ることが出来ました。

原則として藤野さんがファンドマネーシャーとして会社に赴き社長と話して感じることなので、
パソコンで情報収集からトレードしている人の株選定の手助けにはそこまでならないのではないかと思いました。
足で稼ぐ情報にはやっぱり価値があるのですね。

おすすめ

・藤野さんの頭のなかを知りたい人
・変化に対応する社長とはどういう社長か知りたい人
・自分の会社は大丈夫か?を法則に当てはめて考えてみたい人