読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てっぺんめざせよ

本とシンプルライフと育児とお買い物

Kindle Unlimitedで読んでいる本・雑誌・漫画【出産前編】

ついにはじまった

読み放題のAmazon電子図書館、10冊ぎりぎりまで借りては返してを繰り返しています。
そこまで興味のなかった子育て・育児・出産エリア本を読み漁りました。
買うほどじゃないけど読みたいかなーと思っていた本が読めて幸せです。
今の妊娠期にダイレクトに影響あることや、まだ先のことだけどとりあえず知識として潜在意識に残しておこうかな、レベルの選書だと思います。

雑誌

プレジデントベビーは買いましたが、こっちは立ち読み程度だったので嬉しいです。

漫画

網羅的にそれぞれの時期の苦労話が描いてあって、そんなこともあるかもなーと思いながら気楽に読めました。

「理想のお産」が強すぎてトラウマになるという人たちもいるらしいです。私は大丈夫かなー

まさに自由奔放!読んでいて「多少のことは大丈夫だなー」と思ってしまいました。

多分コミックエッセイ的なものはたくさんあるのですが、「こんなこともあるのかー」と知っておくだけで少しでも生まれてからの不安が減るかなーと思いながら読んでいます。
結局一人ひとり違うからなんともわからないですけどね。

子宮の中にいた頃と同じくまんまるにしてあげればよく寝るという趣旨。その子によって違うだろうーと思いつつもうちの子に効いたら楽そうで嬉しいな、と思いました。

どういうことを話しかけたらいいかいまいちわからなかったので参考になりました。割りと成長してからの接し方にも言及しています。

本に関しては育児・子育て系のものは特にいますぐ役に立つ内容ではないので、「大体こんなこと書いてあったかなー」というメモを読書メーターにメモして必要に応じで再読しやすいようにしています。
よっぽどのことがなければ再読なんてしないでしょうけど…。

今すぐ役に立つのは貯金・節約・お片づけ系のノウハウです。
産休育休で収入が不安定になるのでNISAの積立を止めて給付金の入金に応じてどうやりくりするかいろいろシミュレーション中です。
それらのテーマでもまとめたいと思っています。

おわりに

いつまでKindle Unlimited対象のままなのかはわかりませんが、読めるうちに読みたいですね。
またこれはというものがあったら追記します。